この自由な生き方は普通の人でも手に入ります No.4

インターネットにより、収入を得る方法が大きく広がりました。
そこには、だれにでもインターインターネットビジネスで成功できるチャンスがあります。

こういうと、
本当に成功するのは、ごく一部
だれもが、成功できるのではなく、才能がある人だけ
今から、参入しても遅い、先行者だけがうま味を得る世界
こんな声が必ず返ってきます。
果たして、そうでしょうか。

 

インターネットビジネスは特別な人だけが成功するのか

確かに、従来の成功者になる概念は、こういう考え方でした。
いい大学に入るためには、学年全体の何番目までに入り、
一流企業で出世するには、何歳までに、人事評価で同期の中のベスト何番目に入る。

 

スポーツや芸術の世界でも、上位何番目までに入らないと真の成功者とは言えないなど
本当の成功者とは、ごく一部の才能ある人間がなれると思われてきました。

 

インターネットビジネスでの成功には、
そんな「ごく一部の才能ある人間」である必要はありません。

 

優秀な大学を出てなくてもインターネットビジネスで成功することはてきます。
それこそ、高校卒業でも可能ですし、義務教育レベルの教育が身に付いていれば可能です。

 

「ごく一部の才能ある人間」になろうとしたら、
一生、自由な生活を手に入れることは難しいでしょう。

それなりの素質と努力が伴うからです。

 

インターネットビジネスで成功するには

インターネットビジネスで成功するポイントは、「毎日、一定の利益を出す」仕組みを作ることです。
毎日1万円の利益が出れば、月30万円の儲け、
毎日3万5千円であれば、月100万円
それだけで、年収1200万円にいきます。

 

年収1200万円となると、一流企業の課長・部長クラスと同等です。

 

一方、その人達は、満員電車に乗って、朝から晩まで働き詰めで、
会社からの成果に対するプレッシャーも相当でしょう。
嫌な部下、上司、取引先とも付き合わなければならないし、
いつリストラにされるかもしれない不安もあります。
色々なことに縛られ、自由はありません。

 

同じ、年収1200万円でも、インターネットビジネスには自由な生活があります。
インターネットビジネスで、年収1200万円を稼ぐのに
学歴は必要ありません。
特別な才能はいりません。
技術を身につけるための長い修行も必要ありません。
スポーツ選手のように、上位の実績を残す必要もありません。

 

インターネットビジネスで成功するのは、不可能なことではないのです。
インターネットビジネスで成功する方法は、だれもが実践できるものです。
その方法は、調べれば、簡単に手が入ります。
根気はいりますが、コツコツ学んでいけば、一定の成果はでるでしょう。

 

インターネットビジネスの可能性は、
マーケットが日本だけではなく世界に広がっていることです。
その中から、わずか数%の人を自分のビジネスの方に
振り向かすことができれば、いいのです。
インターネットビジネスでは、劇的に人生を変えることができます。
ついこの前まで「普通の人」が、数か月で月何百万円も
稼ぐようになったりもします。

 

私もインターネットビジネスで、成功している部類に入りますが、
大した学歴もなく、二流企業に入って、バイト同然の仕事をやっていました。
それでも成功できたのです。

 

むしろ、高い学歴で一流企業に勤めている人や
国家資格を持った士業・医師の方々の方が、変なプライドが邪魔して、
インターネットビジネスへの転身は難しいかもしれません。
世間体は「勝ち組」ですが、限界の収入と限界の無い労働(超多忙)は、
実態として「負け組」にも見えます。
ただ、最近では、そういう人達でも、収入力が怪しくなってきており、
副業として始める人も多くなってきた。

 

繰返しになりますが

何度もお話しすることですが、
インターネットビジネスでは、一旦、収入を得る仕組み作ってしまうと、
その後は、自由な生活を送れます。
年齢も関係なく、若い人達が、年収2000万円、3000万円稼いでいる姿は、
眩いものです。

 

ただ、インターネットビジネスは、何も努力せず、
簡単に年収何千万円儲かるというものではありません。
私も、儲かるにはどのようにすれば良いか、色々、調べて、勉強して、
何度もトライ&エラーを繰返し、ほぼ不労収入の形になるのに3年はかかりました。
それ相応の努力はしています。
相応の努力したその3年をどのようにとらえるかです。
私は、たった3年で、自由な生活を得ることができたと思っています。
会社に縛られた自由の無い生活を定年退職まで続けなくてよいのです。

 

インターネットビジネスの中で、初期投資が少ない商品アフリエイトを
私はこれまでも勧めてきました。

 
提携先の商品を自分のサイトで案内し、商品購入が発生すれば、
その代金の何%分が収入となるものです。
商品の在庫をかかえる必要がないので、初期投資もほとんど無く、
リスクも無いので、お勧めです。

 
商品アフィリエイトは、きっちりマーケティングを行って、
集客力、成約力をつければ相当儲かります。
1日、100万円稼いだこともあります。

 

ここまでお話しすれば、
私のように、自動的にお金が入ってくる仕組みを作るのと
会社勤めで時給をあげることどちらが現実的で価値があるか、
理解いただけたと思います。

 



////////////////////////////////////////////////////////////////



副業でも月収100万円以上を稼ぐことは簡単です。仕組みを作ってしまえばよいからです。

アクセスを必死で出来るだけ
たくさん集めたいと
努力していませんか?


量産という概念で自動で
サイト・ブログや記事を作りたいと
考えていませんか?


もうそんな非効率なことは
やめましょう。


たしかにアクセス増やすことは、
そんなに難しくないです。


アクセスを集めることが出来たとして
その先に何がありますか?
薄っぺらいコンテンツが存在しますか?


同じような競合者と似たような
コンテンツがありますか?


もし、そうだとしたら、
たくさんのお金と労力を投じても
稼げないでしょう。


アクセスの先のサイト・ブログや記事が
薄っぺらいものでも
それが1個で月に1万円稼げるとします。
同じように100個作ったら、
100万円になるのではないか?


出来ないことはないですが、
メンテが大変です。


そういう非効率なことも
やめましょう。


1個で100万円を構築したほうが
効率的です。


ビジネスで成果を出すためには、当然ながら
計画-製品開発-販売準備-集客-販売までの
一通りのプロセスを全てやりきらなければなりません。
(アフィリエイトの場合は集客からでOK)


集客(アクセス)だけ必死に重きをおいても
セールスの部分が甘ければ、成果はあがりません。
セールスとはコンテンツやコンバージョン率などを
考慮した販売の部分です。


①集客×販売=成果=100×0=0
②集客×販売=成果=60×60=3600


極端な話、①で言うと必死でアクセスをかなり努力して
集めてきてもセールスが0であった場合、
成果は0です。稼げません。


②の場合、集客と販売を
そこそこの点数をかせげれば、
成果もおのずとあがります。


SEO対策を意識して
キーワードを意識し過ぎていませんか?
たしかにキーワードは重要です。
でも、それは検索エンジンの上位表示を
意識した施策で○○を度外視しています。


SEOを意識して、検索エンジンの上位表示が
出来なかった場合、
お金と労力は無駄になります。
結果として、稼げません。


○○を意識すれば、結果として
上位表示できてしまいます。


それでも狙ったキーワードを意識して
頑張りますか?


アクセス・集客・コンテンツの作り方・
SEO・キーワードのどれを取り上げてみても
考え方が間違っているというか、
焦点がズレてしまっている人が
多いです。

コンサルをしていても
つくづく感じます。


そんな意識改革というか、
間違った考え方を修正するためというか、
稼ぎ続けられるノウハウをこっそりと教えます。


ご興味がある方は
こちらまで→ お問い合わせ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

ノアこと、石田優と申します。

副業の収益が本業の給料を数年前に上回りました。その後、起業して今は会社経営をしております。毎年、順調に右肩上がりに収益を伸ばしています。

日本経済の先行きが不透明の中、 副業で稼ぎたい方へお役立ていただけたらと思っています。

詳しくは→こちら

↓追加でプレゼント配布中 友だち追加

スポンサーリンク

このページの先頭へ