価格設定を間違えなければ、副業でも月収100万円以上は軽くクリアできます。No.51

価格の重要性についてお話ししたいと思います。

価格設定ひとつで利益は簡単に何倍にもなりますし、
逆に簡単に半分以下になってしまいます。

 

つまり、価格設定は、ビジネス展開においても重要な戦略要素です。

 

価格設定の感違い

ブランディングにおいて価格設定の話をすると、
単に価格を高く設定すると勘違いする方も多くいます。

 

ブランド力を上げるのだから、そのぶん高くしても売れるのではないか?

 

これは、ブランドについて一面的に覚えてしまった勘違いです。
ブランディング=価格を高くすることではありません。

 

ブランド力が高まれば、結果的に値下げ競争からは脱出できますが、
それは自ら提供したい適正価格で受け入れられ、
お客さんに選ばれるというだけのことです。

 

ブランドの考えを伝える

価格設定は、
マーケットに「自分たちのブランドの考え方」
を伝えることが必要です。

 

例えば、購入頻度が多い重要顧客にだけ割引率をあげます。
顧客全員には行いません。

 

これにより、そのブランドのコアなファンはさらに特別感を感じます。
さらに新規ユーザーに値引きをしないことで、
ブランドの特別感をあげることにもつながっています。

 

価格設定でやってはいけないこと

「競合と比較して」「顧客の声をきいて」「売上検証しながら調整して」
「商品原価から算出して」など価格を決める上で検討すべきことは様々あります。

 

ただ、やってはいけないこともあります。

 

それは、安易に競合商品・サービス価格帯の中間・平均に設定することです。
実際には多くの企業がこの価格設定をしてしまっています。

 

「価格は他社と変わらず、サービス品質は上です」
「価格は一緒ですが、一度試してもらえばわかります」
聞いたことがあるフレーズですが、これでは、お客さんに選ばれません。

 

価格設定はメッセージ

まずやることは、お客さんに自社の商品/サービスが何を大切にしているか
を伝えるメッセージを決めることです。

 

価格に意味、意志を入れて約束することがブランド戦略における価格設定です。
単なる競合比較ではなく、価格に対して責任を持った約束と説明、
それを望むお客さんへのメリットを実感・納得・感動してもらえる価格の提示。

 

ブランド戦略が徹底された価格設定はブランド価値との整合がとれているので、
お客さんも自然と選び易くなります。

 

あなたの商品/サービスは、高いと思いますか? 安いと思いますか?

 

自社の考え方をハッキリと答えられることが価格設定では重要です。
安易に中間、平均に価格設定した場合、この質問には答えられません。

 

この価格が適正か理由がなければ、お客さんは判断することができません。
「価格」をお客さんにとって分かり易い判断材料にするため、
競合比較の設定ではなく、自社の意志の反映が必要です。

 

そうすることでお客さんとの約束が確立され、ブランド力向上にもつながります。
そして、価格がいくらであろうが、”納得すればお客さんは買う”のです。

 

副業でやっていてもブランド化はできます。
ブランド化して月収100万円以上は軽くクリアしていきましょう。



////////////////////////////////////////////////////////////////



副業でも月収100万円以上を稼ぐことは簡単です。仕組みを作ってしまえばよいからです。

アクセスを必死で出来るだけ
たくさん集めたいと
努力していませんか?


量産という概念で自動で
サイト・ブログや記事を作りたいと
考えていませんか?


もうそんな非効率なことは
やめましょう。


たしかにアクセス増やすことは、
そんなに難しくないです。


アクセスを集めることが出来たとして
その先に何がありますか?
薄っぺらいコンテンツが存在しますか?


同じような競合者と似たような
コンテンツがありますか?


もし、そうだとしたら、
たくさんのお金と労力を投じても
稼げないでしょう。


アクセスの先のサイト・ブログや記事が
薄っぺらいものでも
それが1個で月に1万円稼げるとします。
同じように100個作ったら、
100万円になるのではないか?


出来ないことはないですが、
メンテが大変です。


そういう非効率なことも
やめましょう。


1個で100万円を構築したほうが
効率的です。


ビジネスで成果を出すためには、当然ながら
計画-製品開発-販売準備-集客-販売までの
一通りのプロセスを全てやりきらなければなりません。
(アフィリエイトの場合は集客からでOK)


集客(アクセス)だけ必死に重きをおいても
セールスの部分が甘ければ、成果はあがりません。
セールスとはコンテンツやコンバージョン率などを
考慮した販売の部分です。


①集客×販売=成果=100×0=0
②集客×販売=成果=60×60=3600


極端な話、①で言うと必死でアクセスをかなり努力して
集めてきてもセールスが0であった場合、
成果は0です。稼げません。


②の場合、集客と販売を
そこそこの点数をかせげれば、
成果もおのずとあがります。


SEO対策を意識して
キーワードを意識し過ぎていませんか?
たしかにキーワードは重要です。
でも、それは検索エンジンの上位表示を
意識した施策で○○を度外視しています。


SEOを意識して、検索エンジンの上位表示が
出来なかった場合、
お金と労力は無駄になります。
結果として、稼げません。


○○を意識すれば、結果として
上位表示できてしまいます。


それでも狙ったキーワードを意識して
頑張りますか?


アクセス・集客・コンテンツの作り方・
SEO・キーワードのどれを取り上げてみても
考え方が間違っているというか、
焦点がズレてしまっている人が
多いです。

コンサルをしていても
つくづく感じます。


そんな意識改革というか、
間違った考え方を修正するためというか、
稼ぎ続けられるノウハウをこっそりと教えます。


ご興味がある方は
こちらまで→ お問い合わせ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

ノアこと、石田優と申します。

副業の収益が本業の給料を数年前に上回りました。その後、起業して今は会社経営をしております。毎年、順調に右肩上がりに収益を伸ばしています。

日本経済の先行きが不透明の中、 副業で稼ぎたい方へお役立ていただけたらと思っています。

詳しくは→こちら

↓追加でプレゼント配布中 友だち追加

スポンサーリンク

このページの先頭へ