将来、生活に不安を持たない方法 No.3

みなさんは、将来、生活していく上で、大なり小なり不安を持っているかと思います。
特に、お金の面では、年金制度が貧弱なこの国では、老後の生活も不安になるでしょう。

では、将来、安心して生活していくためには、どのようにすればいいでしょうか。
これから、色々なケースを見ていきたいと思います。

 

これらはダメ?将来の不安を解消するための方法

ケース1 大企業に就職
一昔前の理想の形ですね。
当時は、しっかり勉強して、いい大学に入って、一流の上場企業に入って、年功序列、終身雇用に守られて、定年まで働けて、たくさん退職金をもらい、以後、年金でのんびり暮らすというのが、一般的な理想系でした。

 

今は、この一昔の理想系の多くの部分が破たんしています。
まず、一流の上場企業という概念です。
昨今では、一流の上場企業に勤めていても、将来が安心とは言えません。
「チャレンジ」といって、不可能な営業目標を持たされ、できなければ、会計上のインチキを行って、あたかも達成したように見せかけ、まわりの信用・信頼を著しく失墜した企業。
そんな企業でも、一昔前なら、社員であることを羨望の眼差しで、見られたものです。

 

また、働き過ぎで自殺した事件もありました。
死の何カ条とかいう社訓などで、社員に平気で何百時間も残業させ、しかもサービスで、死に追い込んだ企業。
一流企業は将来安泰どころか、命まで危ない。

 

年功序列は、遠の昔に破たんしています。
能力主義は一見すると、いいように見えますが、実際のところ、政治能力や社内営業に長けたものが出世していくとも聞きます。
そんなことでは不安でしょうがありません。

 

終身雇用もそうです。
いつリストラに合うかわかりません。

 

うまく定年まで働けたとしても、この国では年金制度が破たん状態で、将来どれだけ貰えるかわかりません。
大企業に就職しても、将来は不安だらけです。

 

ケース2 資格を取る
将来に備えて、資格を取るという話しをよく聞きます。
比較的に簡単なものでは、宅建、ファイナンシャルブラナーなど、難しいものでは、税理士、会計士、司法書士、弁護士など
確かに、それ相応の努力をして取得するわけですから、それは、すばらしい事だと思います。
しかし、皆さんは、その資格の活かし方が分かってないようです。
いくつも資格を取って、持っているだけで、何か立派になったような気がしている資格マニアもたくさんいます。
資格を取得するのも大変ですが、それを生かすことの方がもっと大変です。
生かすとは、ビジネスを行うということです。
であれば、資格を取得に費やす時間をネットビジネスに当てた方が、収入は増えるでしょう。
資格を生かす方法を作り出さない限り、将来の不安は消えません。

 

ケース3  コツコツ貯蓄する
いくら貯蓄すれば安心するのでしょうか。
私の友人で、未婚で、もちろん子供もいない、派手な生活はせず、金遣いは荒くないため、貯金は結構あるそうで、数千万円はあるそうです。
その彼が言うのは、それでも将来の不安はあるとのこと。
いつ何とき、何が起こるかわからないと。
いつ働けない体になって、収入が止まってしまうのか。

 

他に私の知合いで、夫婦共働きで、2千万円ぐらいの貯金があるそうですが、生活は並みです。
衣服や日用品はセール中心の購入、たまに行く外食は安いファミレスや回転寿司。
将来が不安で、贅沢できないそうです。
また、貯金はまだまだ足りないと感じているみたいです。
いくらあれば、贅沢できるのかと聞いても、はっきりした答えはありません。
根本的何かが違うのだと思います。生活を支える根本的な何かがです。

 

結局、収入が増えても貯蓄を増やしても、根本的な問題を解決しない以上、将来の不安の解消にはならないということです。

 

根本的な将来の不安解消方法とは

では、根本的な問題の解決方法とは何でしょうか。

 

私のまわりには、将来に不安を持たない人もいます。
将来に不安がないというのは、将来に自信があるということです。
自分の作り上げたビジネスモデルの仕組みに自信を持っているのです。

 

そう、自由に、「どこでも」「いつでも」「どれだけでも」収入を生み出す仕組みを作り上げているのです。
その仕組みは、安定的していて、将来も廃れることがない不労収入型です。

 

私のある友人は、ネットビジネスで、自宅でパソコンを使って、数か月働いて、今月はこの程度稼ごうと決めて、収入を得ています。
そして、その後は、数か月特に働くこともなく、自由きままな生活を送っています。
働いたその1ヶ月間で稼ぐのは、多い時で、500万円〜600万円です。
もちろん、収入額は自分で決めることができますので、50万円程度に押さえる時もあります。

 

不労収入の方法には、ネットビジネスの他に、不動産収入、マネー投資による収入、著作権による権利収入などもあたります。

 

一時期に働けば、以降、働かなくても収入が入ってきますので、病気や事故で働くことが出来なくなっても影響ありません。将来の不安が解消されます。
また、これらの仕事を複数持つことにより、リスクも分散されますので、より安心することもできます。

 

将来を安心して生活するには、今の収入をあげることやコツコツ貯金するよも、万が一の時でも収入が途絶えない不労収入の仕組みを作ることが大事です。
是非、将来の不安を解消したい方、参考にしてください。



////////////////////////////////////////////////////////////////



副業でも月収100万円以上を稼ぐことは簡単です。仕組みを作ってしまえばよいからです。

アクセスを必死で出来るだけ
たくさん集めたいと
努力していませんか?


量産という概念で自動で
サイト・ブログや記事を作りたいと
考えていませんか?


もうそんな非効率なことは
やめましょう。


たしかにアクセス増やすことは、
そんなに難しくないです。


アクセスを集めることが出来たとして
その先に何がありますか?
薄っぺらいコンテンツが存在しますか?


同じような競合者と似たような
コンテンツがありますか?


もし、そうだとしたら、
たくさんのお金と労力を投じても
稼げないでしょう。


アクセスの先のサイト・ブログや記事が
薄っぺらいものでも
それが1個で月に1万円稼げるとします。
同じように100個作ったら、
100万円になるのではないか?


出来ないことはないですが、
メンテが大変です。


そういう非効率なことも
やめましょう。


1個で100万円を構築したほうが
効率的です。


ビジネスで成果を出すためには、当然ながら
計画-製品開発-販売準備-集客-販売までの
一通りのプロセスを全てやりきらなければなりません。
(アフィリエイトの場合は集客からでOK)


集客(アクセス)だけ必死に重きをおいても
セールスの部分が甘ければ、成果はあがりません。
セールスとはコンテンツやコンバージョン率などを
考慮した販売の部分です。


①集客×販売=成果=100×0=0
②集客×販売=成果=60×60=3600


極端な話、①で言うと必死でアクセスをかなり努力して
集めてきてもセールスが0であった場合、
成果は0です。稼げません。


②の場合、集客と販売を
そこそこの点数をかせげれば、
成果もおのずとあがります。


SEO対策を意識して
キーワードを意識し過ぎていませんか?
たしかにキーワードは重要です。
でも、それは検索エンジンの上位表示を
意識した施策で○○を度外視しています。


SEOを意識して、検索エンジンの上位表示が
出来なかった場合、
お金と労力は無駄になります。
結果として、稼げません。


○○を意識すれば、結果として
上位表示できてしまいます。


それでも狙ったキーワードを意識して
頑張りますか?


アクセス・集客・コンテンツの作り方・
SEO・キーワードのどれを取り上げてみても
考え方が間違っているというか、
焦点がズレてしまっている人が
多いです。

コンサルをしていても
つくづく感じます。


そんな意識改革というか、
間違った考え方を修正するためというか、
稼ぎ続けられるノウハウをこっそりと教えます。


ご興味がある方は
こちらまで→ お問い合わせ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

ノアこと、石田優と申します。

副業の収益が本業の給料を数年前に上回りました。その後、起業して今は会社経営をしております。毎年、順調に右肩上がりに収益を伸ばしています。

日本経済の先行きが不透明の中、 副業で稼ぎたい方へお役立ていただけたらと思っています。

詳しくは→こちら

↓追加でプレゼント配布中 友だち追加

スポンサーリンク

このページの先頭へ