Youtubeビジネスを今すぐに始めるべき理由とは

数年前から、YOUTUBERという単語を
よく耳にするようになりました。

 

今では多くの人達に知られており、
YOUTUBERを知らない人は少ないです。
そして、最近はYOUTUBERが職業として
注目もされてきています。

 

有名YOUTUBERの年収は高いことなども、
もちろん知られてきております。
YOUTUBERの年収はピンキリですが、
トップ層の年収を見る限り、
夢のある職業であるといえます。

 

YOUTUBEビジネスは、
この莫大な収益の規模と将来性に比べて、
いまだに参入者が少ないブルーオーシャンであるのです。

 

YOUTUBEビジネスの仕組み

そもそも、YOUTUBERというのは、
YOUTUBEに動画を投稿してお金を稼ぐ人のことを言いますが、
このYOUTUBEビジネスの仕組みを理解している人は少ないです。

 

では、YOUTUBER達はどのようにしてお金を稼いでいるのでしょうか。

 

YOUTUBEで動画を見ていると、
たまに広告や宣伝が流れることがあります。

 

これらの宣伝や広告は、
Googleと提携している企業の
商品紹介なのです(YOUTUBEはグーグルの子会社という扱いです)
この広告がクリックされたり、
または動画に表示されるだけでも、
投稿主に収益が生まれるのです。

 

つまり投稿主は、閲覧者や再生回数が多ければ多いほどに、
その収益も大きくなるという仕組みになっています。
その為、YOUTUBEで稼ぎたいのであれば、
単純には再生数を増やすことが目的となるのです。

 

子どもにも広まったYOUTUBE

このYOUTUBEビジネスですが、
日本で最初に有名になった人はHIKAKINさんです。
HIKAKINさん登場以降より、
上記のYOUTUBEビジネスの仕組みも
知られるようになりました。

 

またHIKAKINさんのファン層は、
主に小学生などの子どもであると言われています。
YOUTUBERの台頭により、
将来の夢にYOUTUBERを挙げる子たちは、
今や当然のようにいます。

 

従って、彼ら子供たちにとっては、
YOUTUBERは完全なる確たる職業であると
いっても過言ではないでしょう。

 

YOUTUBEビジネスの高い将来性

子ども達は、いわば「第一次YOUTUBER世代」として
これから成長していくことになります。

 

彼らが大人になっていくにつれて、
YOUTUBERという職業は増々一般化してくるはずです。

 

ネットビジネス、そしてYOUTUBEビジネスに
抵抗のない世代が、年配層の古い既存ビジネスの
固定観念を変えてくれるはずです。

 

その上、彼らの下の世代が生まれたら、
職業としてのYOUTUBERは伝染していくことになることでしょう。

 

つまり、彼らが子どものうちに、
またライバルが少ない今のうちに、
YOUTUBEをビジネスとして取り入れるべきであると思います。



////////////////////////////////////////////////////////////////



副業でも月収100万円以上を稼ぐことは簡単です。仕組みを作ってしまえばよいからです。

アクセスを必死で出来るだけ
たくさん集めたいと
努力していませんか?


量産という概念で自動で
サイト・ブログや記事を作りたいと
考えていませんか?


もうそんな非効率なことは
やめましょう。


たしかにアクセス増やすことは、
そんなに難しくないです。


アクセスを集めることが出来たとして
その先に何がありますか?
薄っぺらいコンテンツが存在しますか?


同じような競合者と似たような
コンテンツがありますか?


もし、そうだとしたら、
たくさんのお金と労力を投じても
稼げないでしょう。


アクセスの先のサイト・ブログや記事が
薄っぺらいものでも
それが1個で月に1万円稼げるとします。
同じように100個作ったら、
100万円になるのではないか?


出来ないことはないですが、
メンテが大変です。


そういう非効率なことも
やめましょう。


1個で100万円を構築したほうが
効率的です。


ビジネスで成果を出すためには、当然ながら
計画-製品開発-販売準備-集客-販売までの
一通りのプロセスを全てやりきらなければなりません。
(アフィリエイトの場合は集客からでOK)


集客(アクセス)だけ必死に重きをおいても
セールスの部分が甘ければ、成果はあがりません。
セールスとはコンテンツやコンバージョン率などを
考慮した販売の部分です。


①集客×販売=成果=100×0=0
②集客×販売=成果=60×60=3600


極端な話、①で言うと必死でアクセスをかなり努力して
集めてきてもセールスが0であった場合、
成果は0です。稼げません。


②の場合、集客と販売を
そこそこの点数をかせげれば、
成果もおのずとあがります。


SEO対策を意識して
キーワードを意識し過ぎていませんか?
たしかにキーワードは重要です。
でも、それは検索エンジンの上位表示を
意識した施策で○○を度外視しています。


SEOを意識して、検索エンジンの上位表示が
出来なかった場合、
お金と労力は無駄になります。
結果として、稼げません。


○○を意識すれば、結果として
上位表示できてしまいます。


それでも狙ったキーワードを意識して
頑張りますか?


アクセス・集客・コンテンツの作り方・
SEO・キーワードのどれを取り上げてみても
考え方が間違っているというか、
焦点がズレてしまっている人が
多いです。

コンサルをしていても
つくづく感じます。


そんな意識改革というか、
間違った考え方を修正するためというか、
稼ぎ続けられるノウハウをこっそりと教えます。


ご興味がある方は
こちらまで→ お問い合わせ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

ノアこと、石田優と申します。

副業の収益が本業の給料を数年前に上回りました。その後、起業して今は会社経営をしております。毎年、順調に右肩上がりに収益を伸ばしています。

日本経済の先行きが不透明の中、 副業で稼ぎたい方へお役立ていただけたらと思っています。

詳しくは→こちら

↓追加でプレゼント配布中 友だち追加

スポンサーリンク

このページの先頭へ