副業で月収100万円以上を稼ぐための意識付け

最近巷でよく耳にする、「意識高い系」とは何のことかご存知でしょうか。

 

一般的に、「意識が高い人」は就職活動中の大学生や若い社会人で、「自分の社会的レベルを高めるため、
知識深めようと勉強したり活動したりする人」ということだそうです。

しかし過剰な自己アピールや実力が伴わないのに自慢をするような人のことを
ネットスラング、皮肉めいた意味で「意識高い系」と呼びます。

 

不遇や苦労が美徳とされる風潮はよくない

意識を高く持つことはよいことです。これから国を作っていく世代、
若い世代の人たちが勉強し見識を深めていくことは必要なことでしょう。

 

そういった意識を持つことは大切なのですが、そこに「自分がいかにつらいか」を
アピールすることがよしとされている風潮はいかがなものでしょうか。
日本人は昔から、苦労や不遇などを美徳とすることがあります。

 

たとえばスポーツ選手が優秀な成績を残したとき、
その選手の試合内容や技術が素晴らしいということよりも、
「幼いころに母を亡くした」「家が貧しいながらに努力して練習した」などの
苦労や不遇のエピソードを付け加えてドラマチックに報道しがちです。

 

もちろん努力は素晴らしいことです。優秀な成績を残すための努力は尋常じゃないでしょう。
しかし苦労や不遇がクローズアップされて「かわいそうなのによく頑張った」と
人々に感じてもらう考え方は、本質とは違っているように思います。

 

自分の苦労をアピールする人がいます。「徹夜で家に仕事を持ち帰って仕上げた」「深夜まで残業した」
「風邪をひいても休まなかった」などです。
もちろんその苦労は大変だったと思いますが、それを他人にアピールしたところで
なんの得にもなりません。

 

日本では「そんなに頑張ってくれてありがとう」となるかもしれませんが、
欧米では「定時までに仕事を終わらせられない人」というだけになってしまいます。
陰ながらの努力は素晴らしいと思いますが、それを他人にアピールするのは間違っています。

 

家にまで仕事を持ち帰るほど、仕事がさばけない。
定時までに仕事を終えられない。
自分の体調管理をうまくできない。
そういったアピールを同じことなのです。

 

自分の能力のなさを他人にアピールしたくありませんよね。
しっかり寝て十分の睡眠時間を確保して、効率よく仕事して、時間内に仕上げる、が理想です。
もちろんみんなそれが出来ないからいろいろと苦労していますが、
わざわざそれをいう必要はないわけです。

 

自分の睡眠時間が足りてないことで仕事の効率が下がり、
仲間に迷惑をかけてしまうことがあります。足りていない意識がなくても、
十分に睡眠がとれているときの作業効率と比べると、はるかに劣ることが分るでしょう。

 

質の良い睡眠をとろう

人間は寝ないと生きていけません。赤ちゃんは一日の大半を寝て過ごしています。
子供は昼寝します。そして大人も一日の疲れを取り体をリセットするために睡眠をとります。

 

食事をすることとと同じくらい、睡眠は大切なことなのです。
外国に比べて日本人は平均的に睡眠時間が短いといわれています。
そして仕事をしているときの睡眠時間は短く、休みに日がな寝て過ごすスタイルの人が多いようです。

 

最近よく言われている「睡眠負債」をご存知でしょうか。
休日の「寝貯め」は全く意味がないということなのです。睡眠不足がちょっとずつ積み重なり
身体に疲労として蓄積されて生きます。結果として健康だけでなく寿命も縮めてしまうのです。

 

90分単位で睡眠や仮眠をとると、レム睡眠とノンレム睡眠がうまく切りかわり
快適な目覚めを得ることが出来るということがわかっています。

 

そして満腹よりも胃になにも入っていない状況の方がよく眠れるそうです。
お腹いっぱいになって寝る!は幸せなことですが、
質の良い睡眠のためにはやめた方がいいかもしれませんね。

 

素敵な眠りをあなたへ

子供の寝かしつけをしたことがありますか?
寝る直前まで走り回っていたり、激しい光があるテレビを見ていたりする子供と
絵本をゆっくり読んでもらったり、優しい音楽を聴いていたりする子供は
どちらが早く寝てくれるでしょうか。

 

もちろん答えは後者です。そしてそれは大人にも同じことが言えます。
スマホやパソコンから出る「ブルーライト」は脳を覚醒させてしまいます。

 

優しい明りの中で本を読むこと、優しいメロディの音楽を聴くことは
あなたがあなた自身に優しく寝かしつけをしてあげていることになります。

 

また、洗っていないシーツや枕カバー、掃除していない部屋なども
いい睡眠の敵ですよね。清潔な部屋、いい匂い(お香など)で包まれると
優しい眠りを得ることが出来るでしょう。

 

人生で眠っている時間はどれほどになるでしょうか。
三割以上は眠っている人生を過ごしていることになります。
趣味や仕事、家族との大切な時間に割くことと同じように、
あなたは睡眠時間を大切にするべきなのです。

 

どうしても短時間しか睡眠時間を取れない、お仕事の忙しい方もいらっしゃると思います。
そういう方は、先ほどお教えした「良質な睡眠」を取れるようにしてみましょう。
よく眠ること、それはあなたの仕事の能率を上げることにつながります。

 

仕事に追われているビジネスマンこそ、一つのプロジェクトと思って
「良質な睡眠」を目指してみましょう。

 

そういう意識付けができれば、副業で100万円以上は楽に稼げるようになるでしょう。



////////////////////////////////////////////////////////////////



副業でも月収100万円以上を稼ぐことは簡単です。仕組みを作ってしまえばよいからです。

アクセスを必死で出来るだけ
たくさん集めたいと
努力していませんか?


量産という概念で自動で
サイト・ブログや記事を作りたいと
考えていませんか?


もうそんな非効率なことは
やめましょう。


たしかにアクセス増やすことは、
そんなに難しくないです。


アクセスを集めることが出来たとして
その先に何がありますか?
薄っぺらいコンテンツが存在しますか?


同じような競合者と似たような
コンテンツがありますか?


もし、そうだとしたら、
たくさんのお金と労力を投じても
稼げないでしょう。


アクセスの先のサイト・ブログや記事が
薄っぺらいものでも
それが1個で月に1万円稼げるとします。
同じように100個作ったら、
100万円になるのではないか?


出来ないことはないですが、
メンテが大変です。


そういう非効率なことも
やめましょう。


1個で100万円を構築したほうが
効率的です。


ビジネスで成果を出すためには、当然ながら
計画-製品開発-販売準備-集客-販売までの
一通りのプロセスを全てやりきらなければなりません。
(アフィリエイトの場合は集客からでOK)


集客(アクセス)だけ必死に重きをおいても
セールスの部分が甘ければ、成果はあがりません。
セールスとはコンテンツやコンバージョン率などを
考慮した販売の部分です。


①集客×販売=成果=100×0=0
②集客×販売=成果=60×60=3600


極端な話、①で言うと必死でアクセスをかなり努力して
集めてきてもセールスが0であった場合、
成果は0です。稼げません。


②の場合、集客と販売を
そこそこの点数をかせげれば、
成果もおのずとあがります。


SEO対策を意識して
キーワードを意識し過ぎていませんか?
たしかにキーワードは重要です。
でも、それは検索エンジンの上位表示を
意識した施策で○○を度外視しています。


SEOを意識して、検索エンジンの上位表示が
出来なかった場合、
お金と労力は無駄になります。
結果として、稼げません。


○○を意識すれば、結果として
上位表示できてしまいます。


それでも狙ったキーワードを意識して
頑張りますか?


アクセス・集客・コンテンツの作り方・
SEO・キーワードのどれを取り上げてみても
考え方が間違っているというか、
焦点がズレてしまっている人が
多いです。

コンサルをしていても
つくづく感じます。


そんな意識改革というか、
間違った考え方を修正するためというか、
稼ぎ続けられるノウハウをこっそりと教えます。


ご興味がある方は
こちらまで→ お問い合わせ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

ノアこと、石田優と申します。

副業の収益が本業の給料を数年前に上回りました。その後、起業して今は会社経営をしております。毎年、順調に右肩上がりに収益を伸ばしています。

日本経済の先行きが不透明の中、 副業で稼ぎたい方へお役立ていただけたらと思っています。

詳しくは→こちら

↓追加でプレゼント配布中 友だち追加

スポンサーリンク

このページの先頭へ